高松出張

8月29日、30日と高松に出張していました。

まんのう町はヒマワリ商品について、様々な業界とコラボできないか模索中なので、その出張に付いて行ったわけです。
“まんのうひまわり”を使用した商品を展開することで知名度のアップにつなげようという試みです。

しかし、いろいろな業界の人から話を聞くうちに、どの業界の人も地域の独自性を打ち出したいけれども、それができない現状に頭を悩ませていることが分かってきました。

特に印象的だったのは、大企業は商品を市場に安定供給するために、材料を広域から集めるので、“香川県産”とすら表示するのが困難になることがあるそうです。

なかなか厳しい意見が多かったのですが、やはり、良い油を誠実につくるということを出発点としていこうと思いました。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です