マコモダケ

マコモダケという作物がある。ドコモダケではない。
水田で作られる稲科の植物で、黒穂菌に寄生されて肥大した新芽を食べる。
ちょうど今頃が旬だが、栽培するのにコツがいるようで、そんなに作られているものでもなく、1キロ当たり1000円で取り引きされている。
“マコモダケ”の続きを読む

ヒマワリ油の箱詰め

9月28日雨

雨が降っていたため、屋内でヒマワリ油の箱の組み立てと、箱詰め、包装をやりました。

6時間くらい作業して、平均すると一箱あたり3分で、組み立てから包装までが終わるくらい上達しました。

その間、いろいろとおしゃべりをして作業していたのですが、ほったらかしのミツバチの巣箱があると教えてもらい、ヒマワリハチミツが作れるんじゃないかと思いました。

作業の間のおしゃべりもけっこう重要なんだなと思った一日です。

ヒマワリの草木染め

まんのう町出身でヒマワリの草木染めをされている方から、ヒマワリの花で染めたハンカチをいただきました。

ひまわりの花を乾燥させて、煮出すと色が付くそうです。

写真のハンカチは、生の花を煮出したもので、乾燥させた花の場合もっと鮮やかになるそうです。

ヒマワリを使って、いろんな活動をされている方がいるんだなぁと改めて思いました。

来年以降、オイルだけでなく、いろいろ研究してみようかなと思います。

メニューに“空き家”を追加しました

右上のメニュー覧に、“空き家”を追加しましたので、お持ちの空き家利活用について協力隊の協力が必要な方は、ご相談ください。

ただし、まんのう町内の空き家に限りますので、ご了承ください。

また、空き家をお探しの方は、まんのう町の空き家バンクを参照してください。

キリスト教と自然科学

宗教と科学は、ダーウィン進化論の対立に見られるように、今では相入れない存在同士のように考える人もいるが、ニュートンやデカルトなど自然科学を生み出したルネサンス期の先人たちが、例外なくキリスト教徒であったことを考えると、両者の根本には、きわめて似通った基層精神が存在していると考えられる。
“キリスト教と自然科学”の続きを読む