空海

9月6日晴れ

9月のイベントで紹介した空海塾に行ってきました。
本来の講師の方が体調不良で、代わりに真言宗善通寺派総本山の方が、おっとり刀で講師に駆けつけてくれました。

なので、話の内容も変更になり、空海の半生についてがメインでした。

遣唐使船は帆船なので、風が強い台風を待って出港するため、よく難破するそうです。

空海が乗った遣唐使船団も、4隻中2隻が沈み、300名がなくなったようです。そのため、生き残った遣唐使は、仏の加護があるとして大切にされたようです。

講義が終わってから、満濃池のほとりにある町営のうどん屋に移動し、講師の方との懇親会が行われました。

かりん亭のうどん定食
かりん亭のうどん定食

以下は、懇親会の時に出た質問と、講師の解答です。

Q1.空海は菜食主義だったので、真言宗の方は、やはり菜食主義なんでしょうか?

A1.菜食主義は修行中の時だけです。

Q2.密教とは、どういう意味ですか?

A2.秘密仏教の略称です。

Q3.秘密仏教とは、何が秘密なのですか?

A3.“秘密”には、人間の秘密と、如来の秘密の二つがあります。人間の秘密とは、たとえば、薬草の知識のないものが、道ばたで薬草を見てもそれに気がつかないように、人間に能力がないために、秘密になってしまっていることを言います。また、如来の秘密とは、人間に能力がないために、教えるとかえって害になってしまうことを、如来が秘密にしておくことを言います。たとえば、子どもに高難度の鉄棒の技を教えて、練習をさせると怪我をするかもしれないので、時期が来るまで教えないといったような感じです。

満濃池。池とは、人間が作った水たまりの意。自然の物は湖。
満濃池。池とは、人間が作った水たまりの意。自然の物は湖。
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です