うどん(3)

「元祖ぶれんどすーぷ」を掲げるうどん屋、やましょうへ行ってきました。

メニューは、あついうどんか、つめたいうどんかの2種類で、自分で卵を割り入れて釜玉にしたり、かけうどんのだし、ぶっかけうどんのだしをかけて食べるシンプルなスタイルでした。

「ぶれんどすーぷ」とは、かけ出汁と、ぶっかけ出汁がセルフサービスになっているため、適当な割合で混ぜてオリジナルの出汁を作れるシステムを指すようです。

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です