紙飛行機滞空コンテスト

11月3日 晴れ

二宮忠八を顕彰する紙飛行機コンテストに行ってきました。

紙飛行機と聞いていたので、折り紙で折るのかと思いきや、受付を済ませると、専用の台紙をいただきました。

カラス型紙飛行機台紙。
カラス型紙飛行機台紙。
組み立てると、戦闘機のような形に。
組み立てると、戦闘機のような形に。

ゴムのカタパルトを使って飛ばすと、旋回したり複雑な動きをするので、何度飛ばしても飽きません。
戦闘機の静的安定マージンは負に設定されて、旋回しやすくなっているとのことなので、こういったフォルムの飛行機は、どうしてもぐるぐる旋回してしまうのかもしれません。

滞空時間を競い合うコンテストなので景品も用意されていて、一番の人は強風の中、20秒以上滞空させていました。

子どもの部の賞品。今年は10周年記念で豪華だそう。
子どもの部の賞品。今年は10周年記念で豪華だそう。

写真には写っていませんが、八位の賞品が、宇宙から大気圏に再突入させても燃えない紙飛行機でした。これをもらった男の子が、宇宙飛行士になって宇宙ステーションから飛ばす日が来るといいですね~

大人の部の賞品。並んだ米袋が渋すぎる。
大人の部の賞品。並んだ米袋が渋すぎる。

残念ながら私は、コンテスト前に飛ばしすぎて紛失してしまい、慌てて作り直したものの調整がうまくいかず、7秒台の記録しか出せませんでした。
そのあと、揚力を調整するために翼の形を調整して飛ばしたら、またもや飛びすぎて紛失するという始末……
来年は、一番を狙いたいと思います!

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です