ヒノキの枝打ち

11月5日 晴れ

本日は、琴南にある県有林の枝打ち作業に行きました。

節目のないヒノキの柱を得るためには、枝を落とす必要があります。

長鋸による枝打ち
長鋸による枝打ち

香川県西部林業事務所の方も来られて、コンテナ苗なるものを見せてくれました。

苗を育てる容器にリブが設けられ、リブにそって根が伸びるので絡まない。
苗を育てる容器にリブが設けられ、リブにそって根が伸びるので絡まない。

コンテナ苗は、裸苗に比べてお値段は張るものの、移植作業がしやすく、作業できる時期が長くなるので、人気だそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

手鋸は疲れるので、早くチェーンソーを使えるようになりたいです。

1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です