第3回全国地域おこし協力隊サミット

11月27日 くもり

本日は、東京で開催されたサミットに参加しました。

約30の自治体が物販のブースを出していて、各地の特産品をPRしていました。

そのうちの10団体ほどが、薬草茶や健康茶を販売していました。
健康茶は手軽に商品化できる反面、全国的に作っているので、商品を差別化するのが難しいように感じました。

私が個人的に興味を持ったのが、島根県海士町の“海士の本氣米”という地域ブランドのお米です。
イワガキの殻の粉末をたんぼに肥料として入れることで、味の向上に成功したそうです。

年々お米の生産目標数量が減少する中で、地域ブランドを作り、銀座三越に卸しているそうで、参考にしたいと思いました。

2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です