焚きつけ用の木片を見つける

2月11日 曇りのち雨

最近納屋の片づけをしていたら、焚きつけ用の木片を見つけました。

どうやら油が染み込んだ木らしく、刺身の皮をあぶる用のバーナーであぶってやると、簡単に火が付きました。

鯛の刺身をあぶる要領で炙る

いままで、焚き火の火をおこすのに、15分ほどかけていたのが、30秒ほどで付くようになりました。

焚き火業界にも時短の波が来ているのを実感しました。

雪の日に中断していた焚き火を再開

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です