とにかく木を伐る

6月20日 曇り時々雨

コロンビア戦のジャイアントキリングから一夜明け、ひたすら小屋の周りの木を伐っています。

木だけなら伐るのは簡単ですが、木に葛が絡みついて複合生命体になっているので、強度が上がって伐りづらいです。

葛のツルを切らないと、木を伐っても上で絡まっているので倒れなかったり、ぶらぶらしたりと的確に嫌なところを突いてきます。

葛が絡みつき、伐りづらい
伐る前。ツタが絡むと見るからに荒れている感が強い
伐ったあと。見晴らしがよくなりました

毎日伐っていると、やればやるだけ目に見えてきれいになっていくので、けっこう楽しいですし、木の本数もそんなに多くないので、あと数週間内には終わるのではないかと思っています。

世の中には、件数をこなしても、毎月同じ数だけノルマを積まれる仕事もあると聞くので、それに比べれば終わりが見えているので楽です。

木を伐っていると、上の方に第二の小屋が見えてきました。

写真中央に屋根の片鱗が見える

次の攻略目標ですが、石積み擁壁の上にあるので、まず上まで登れる道を探すところから始めたいです。

小屋の周りをきれいにする

6月19日 曇りのち雨

資材置き場になっている小屋の周りをきれいにしました。

午後からは雨が降ると分かっていたので、朝だけ作業しました。

しばらく雨が続くようなので、天気が回復したら小屋の裏の木を伐っていきたいです。

ツルの除去

6月18日

ひまわりが芽を出すまで農作業はやることがないので、引き続き農地の整備をしています。

農地が広いので、なかなか終わらないのですが、ひとまず外から見えるところを中心に進めていきます。

高低差があるので、どうしても葛がはびこり、草刈り機に巻き付くので剪定ばさみで切っています。

石積み擁壁が見えるようになりました

ドクダミ茶

6月17日 晴れ

草刈りをしたときに、だいぶ刈り取ったのですが、まだドクダミが残っていたので、少し収穫しました。

明日からしばらく雨が降り天日干しができなくなるため、収穫したわけです。

天日干し
天日干しした物

天日干しで十分乾燥できたため、お茶にしました。

周知の技術によりお茶に

味は普通のドクダミ茶でした。