地方の仕事と時間

安心安全を求めて、いなか暮らしがしたいけれど、地方には仕事がなくて移住をためらう……という声を時々きく。

実際どうなのかと思い、調べてみると、週38時間勤務で、手取り10万くらいの求人はたくさんあるが、これから教育費がかかってくる子育て世代には厳しいだろう。
“地方の仕事と時間”の続きを読む

敬意なき社会(後半)

某省庁の天下りが問題になっているが、そういう報道をみていると、国家公務員の中には、公のために仕事をしているのではなくて、個人的な理由のために仕事をしている人間がいるんだなと思ってしまう。

いつになっても天下りがなくならないのは、社会の中に、そういう動機を誘導するような要因があるのではないだろうか。
“敬意なき社会(後半)”の続きを読む

循環する自然と、成長する経済

近頃、循環型社会というワードをよく聞くようになった。
明確な定義はないとしても、化石燃料のような再生しないエネルギーや石油原料ではなく、再生可能なバイオマスエネルギーや身近にある自然の材料を使って生活し永続するような社会を指すというなんとなくのイメージは確立されているように思う。
“循環する自然と、成長する経済”の続きを読む

大内正伸氏講演会「里山の楽しみ」

2月9日 雨

本日は、まんのう公園で、さぬき森の会!が主催する講演会がありました。

講師は、高松市在住の大内正伸さんでした。
私も大内さんの本は何冊か持っていて、それが群馬の話だったので、てっきり群馬に住まわれているものと思っていたら、震災後は高松市に移住されていたということで、驚きました。
“大内正伸氏講演会「里山の楽しみ」”の続きを読む

森林について思うこと

まんのう町は、その面積の半分以上が山や森になっている。
今年の11月19日には、満濃公園で全国育樹祭も開催されるし、香川県では、森に親しみを持つように様々な啓発活動が行われているが、どうにも心に響いてこない。
“森林について思うこと”の続きを読む

技術と技能

以前、夏に某農機メーカーの工場を見学したとき、面白いことを教わった。

稲作農業は季節作業なので、春に田植えを行い、秋に刈り取りを行う。なので、農家は田植え前に田植機を買い、刈り取り前にコンバイン(収穫機)を購入する。
農機メーカーは、その需要に間に合うように、秋から冬にかけて田植機の製造を行い、春から夏にかけてコンバインの製造を集中的に行う。

面白いのは、一つの製造ラインで田植機とコンバインを組み立てていて、そのときはちょうど、秋の収穫に向けてコンバインの製造を行っていた。
組み立て途中のコンバインがいくつも並んで、順番にパーツが取り付けられるのだけれども、その中に一台だけ、田植機が混ざっていた。
訊けば、田植機の注文が入っているわけではない。
“技術と技能”の続きを読む

牛乳と国産牛肉

スーパーにおいてある『国産牛肉』って何の肉か分かる?

先日、畜産業をしていた方から、そう質問されて戸惑った。
国産牛肉は、国産の牛肉に決まっている。
産地表示に詳しい方なら、日本で育てた期間が一番長い牛肉が、国産牛肉であると答えるかもしれない。
“牛乳と国産牛肉”の続きを読む

個人主義社会とお金

『個人』は、本来日本語にはなく(たぶん)、明治になって翻訳された単語である(たぶん)。
個人は英語のindividualの訳語で、分割できるという意味のdividualに、否定を意味する接頭語のinが付き、それ以上分割できないという意味である。
“個人主義社会とお金”の続きを読む

自然と人間の関係

まんのう町の地域おこし協力隊として働き始めて、ちょうど4か月が過ぎた。

まんのう町の人たちに共通する思いは、まんのう町を活性化することだが、その方法については、大きく分けて二つの意見があるように思う。

一つは、大企業などを誘致することによって雇用を促進して活性化する方法と、もう一つは、豊富な地域資源を利用して活性化する方法だ。
“自然と人間の関係”の続きを読む