知恵と現代知性

現代社会は、『自然』を不愉快なものして、積極的に克服しようとしてきた。
今のように暑い時期には、部屋を締め切ってエアコンをつけ、冷蔵庫で冷やしたお茶を飲む。そうやって、快適に過ごすことができるようになった。

そこには、かつてあったような、打ち水や、風通しの良い家や風鈴、川で冷やした野菜や果物といった夏の景観・文化といったものは、ほとんど存在していない。
“知恵と現代知性” の続きを読む

祖父の家

祖父の家は、漁師の家だった。家系という意味でも漁師の家だが、家という建築を含めた生活場所そのものが、『漁師』という性格を帯びていた。

家の正面にはすぐ海があり、裏手は山になっていて、山と海との間にできた狭い土地に、数軒の漁師の家が連なっていた。典型的な日本の漁村風景であるが、漁村は海風から家を守るために、山を背にして密集するものらしい。
“祖父の家” の続きを読む