移住者はなぜニット帽をかぶるのか?

以前から疑問に思っていたものの、放置していた問題の一つに、「移住者はなぜニット帽をかぶるのか?」という問いがありました。

こういう重要な疑問に対して、まあそういうものだからというふうに曖昧にして納得をしてしまうことを、世間では「大人になる」と言います。
とはいえ、問題は未解決なので、消え去ることなく、抑圧されたまま残ることになります。

実際にニット帽をかぶっている移住者に、なぜかぶっているのかと聴ければよかったのですが、なにぶん頭部に関する質問なので非常に失礼な質問に受け取られかねず、ついつい慎重になりすぎて聴けずじまいになりズルズルと2019年まで来ましたが、自分で山の中に移住してみて、不意にその答えがわかりました。

もったいぶるわけではありませんが、解答を示す前に、まず山の中での暮らしの特殊性を説明する必要があります。

前提条件を共有せずに解答だけを知ってしまうと、なまじ理解できるだけに早合点してしまい、正解に近付くことがないばかりか、答えを得たと思いこむことでそれ以上の探究を辞めてしまう分、全く無知の時よりもなお悪い状況に自分を置くことになります。
ソクラテスや、親鸞もその点に対して警鐘を鳴らしていましたよね。

さて、山の中での暮らしの特殊性ですが、まず第一に挙げられるのが、非常に静かという点です。人が少なく家と家との距離も広いので、人間活動に起因する音はまず聞こえませんし、冬は虫も鳥も静かです。とくに雪が降った夜は、雪が吸音材として機能するのか、もうまったくの無音になります(ただし米軍機は除く)。
次に、気温が低い点が挙げられます。夏は涼しく、冬もかなり涼しいのが山です。家が断熱材を使用した気密性の高い住宅なら、そんなに寒くないかもしれませんが、古民家の場合、暖房を使用していないと室温が普通に氷点下になります。

そういった環境下で何が起こるかと言うと、そうです、耳鳴りです。

先月に大雪が降った日あたりは非常に寒かったのですが、そのとき布団に入って寝ようとすると、いままでにないゴーっという耳鳴りがしていることに気がつきました。
音自体は全然大きくないのですが気になって眠れず、ネットで対策を調べると音楽や空気清浄機のモーター音でごまかすとよいとあったので、youtubeで音楽を流してごまかしていました。

ある日、耳を冷やすと耳鳴りの原因になると記載されたサイトを見つけました。これは、暖房のきいた部屋では耳鳴りが起こらず、寒い寝室で耳鳴りが起こることと符合していたため、さっそくニット帽を耳までかぶったところ、耳鳴りがしなくなりました。

このとき私は、移住者がニット帽をかぶっている理由を完全に理解したわけです。
ニット帽は、耳を暖めることで耳鳴りがすることを防止していたのです。帽子だけに。

今度時間ができたら、耳鳴り防止帽子とその使用方法として特許出願したいと思います。

甘くて苦い/ママレードボーイ

最近、広島のスーパーで見つけたアヲハタのビターママレードを食パンに塗布しています。

アヲハタ トライディショナル ビターママレード 160g まとめ買い(×12)|4562452230894

このママレードは甘さが控えめで苦味が利いているので、万人受けはしないけれど好きな人は好きというタイプの奴です。

今までは朝は米派だったのですが、ストーブでトーストができるようになったのと、このビターママレードを知ってからは、ほぼ毎朝トーストを食べています。

ママレードばかり食べているので、吉住渉先生のママレードボーイと同じですね(うろ覚え)。

竹製品作りに挑戦

2月4日 雨のち曇り

今日は、竹製品作りに挑戦しました。

家の裏の竹林は、数年放置されているので、竹がずいぶん密集しています。

自然に腐って倒れたものが、別の竹に寄りかかり、危険がいっぱい

イノシシがタケノコを掘りまくっているのですが、それを上回る量の竹が生えるようです。

燃料としての薪の利用価値がなくなったから誰も山林の手入れをしなくなったのと同じで、竹の利用価値がないと荒れる一方だと思うので、逆にいえば、竹を竹製品として利用できれば、放置させるよりも整備して資源活用するモチベーションが高まるのではないかと思い、竹製品を作ることにしました。

そこで活躍するのが、竹挽きのこぎりです。

created by Rinker
玉鳥産業(Tamatori Sangyo)
竹挽きのこぎりは、歯が小さいんですよね

略して竹ノコなので、タケノコのシーズンになるとのこぎりの竹ノコなのか、食べる方のタケノコなのか訳がわからなくなってきます。

そして、なんやかんやあって竹を二本伐り、そのうちの一本を物干し竿にしました。

真っすぐで長くて軽いという竹の性質を何に利用しようかと考えたとき、ふっとひらめいたのが物干し竿でした。

物干し竿はふつう金属製でビニールの被覆がしてあり、長いので捨てるときに難儀するのですが、竹で作れば燃やせば済むので良いアイデアでした。(自画自賛)

鉄フライパンのある暮らしというイデオロギー

2月2日 晴れ

先日、タークの鉄フライパンをamazon.deで購入しましたが、送料込みでも日本の正規代理店の半額で購入することができました。
正規代理店で一本買う値段で、amazonでは二本購入できます。

正規代理店で売られているフライパンの価格はなんでこんなに高いのかということが気になり、ずっと考えていましたが、amazonと正規代理店の販売ページを見比べてようやく答えがわかりました。

amazonの商品の紹介は、下の図を見てわかるように、商品それ自体を表示しているだけです。

それに引き換え、正規代理店のページは、いろいろなものが写真に写っています。

アウトドアで薪のようなもので魚をグリルしてみたり、巨大な肉をトングで挟んでみたり、魚介類をあふれんばかりに並べてみたり、皿を使わずフライパンのままテーブルに配膳してみたりと、“鉄フライパンのある暮らし”ひいては“ヨーロッパ流の豊かな暮らし”というイデオロギーを、これでもかというほど前面に押し出しているのがわかります。

つまり、正規代理店は、このイデオロギーをフライパンに価格として載せてきているわけです。
むしろフライパンそれ自体はおまけで、イデオロギーの方が本当の商品ではないかと思えるくらいの値段設定です。

わたしはamazonで購入したため、このイデオロギーは購入していないので、鉄フライパンのある暮らしを実現できるのか、不安になったため、ベーコンエッグを作ってみました。

ベーコンを炒める工程
割りいれた卵を半熟になるまで加熱する工程

それっぽい絵が取れたので良かったです。

turkタークのフライパンをシーズニングする

3年ほど使っていたフライパンのテフロンが完全にはげ、いためものが焦げるので、新しいフライパンを購入することにしました。

フライパンは金属製で本体の耐久性は高いのに、テフロンがはげただけで新しいのを買うのはなんだか馬鹿らしくなったので、鉄のフライパンを買うことにしました。

ネットで調べると、タークのクラシックフライパンがいいよ!みたいな意見であふれていて、みんな良いって言ってるんだから良いに違いないということで、全然知らない人たちの意見をそのまま鵜呑みにすることにしました。

turkのクラシックフライパンは、鉄フライパン本体と柄がリベット連結ではなく、一体形成されており、デザインがおしゃれです。

とはいえ、正規代理店で購入すると値が張るため、ドイツのamazonで26cmのフライパンを購入することにしました。

ドイツのamazonは、日本語での表示はできませんが英語での表示ができるので、ドイツ語がわからなくても問題ありませんでした。

英語での表示が可能。インターフェースは日本のamazonとほぼ同じなので戸惑うことがない

この日のレートは1€が126円ほどだったので、送料と税を合わせても、97€つまり、12000円ほどでした。
正規代理店で購入すると、24840円というダブルスコアになります。単純に考えれば、一本分の値段で同じものが二本買える計算になります。もう一本おつけしてお値段据え置き状態です。

また並行輸入品が普通にネットで買えます。

そんなこんなで注文してから二週間ほどでドイツからフライパンがやってきました。

鉄フライパンは、さび止めにオイルを塗っているため、使い始めにそのオイルを焼く「ならし」シーズニングが必要になります。

ゆるキャン△の2巻を参考にしながら、油を塗って焼いたり、野菜をいためたり、お湯を沸かしたりしてシーズニングしました。
ストーブで加熱すると熱量が少なく、あまり加熱できないのでシーズニングはガスコンロで行った方がよいという結論になりました。

以下、参考文献

ちなみにゆるキャン△は、冬にキャンプするというマンガで、最初は冬にキャンプとか正気の沙汰ではないと思っていましたが、実際、移住してみて夏よりも冬のほうが快適に暮らせるので、冬キャンプは正解だと思います。