窓ガラスを直す

壁を直す前に、割れた窓ガラスを直すことにしました。

割れた窓ガラスを外します。

代わりにはめ込む窓ガラスは、別の建具の窓ガラスを再利用します。

牛小屋に建具がいくつか落ちているので、その窓ガラスを流用することにしました。

古民家は物が多いので、探せば色々落ちているのが良い点です。

窓ガラスを止めている枠はビスで固定されていますが、錆びてドライバーで回すことは不可能なので、ネジザウルスで回して外します。

枠をのこぎりで切って解体するのも手だと思います。

ネジザウルスは、どんなに錆びたネジや頭が潰れたネジでもほぼ100%回せる優れものです。

価格も高くないので買って損はないでしょう。

ホームセンターで安売りしているときに半信半疑で購入しましたが、ものすごく役に立ちます。

摘出したガラスに定規を固定して、ガラスカッターで切っていきます。

ガラスカッターを使うのは初めてだったので、絵に描いたような失敗をしました。

その後、何回か失敗をしながら、なんとか窓ガラスを交換できました。

いままでは見えないタイプのガラスでしたが、透明のガラスに交換したので、家の中から外の池が見えるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です