蛍光灯を交換する

昨日の居間に引き続き、作業部屋の蛍光灯の交換を行いました。

昼光色だと集中できるようなので、集中したいところに適するようです。

わにの刺身

広島県庄原市東城町の某スーパーで、わにの刺身を発見しました。

わにと言っても一見して白身魚であり、どうやら爬虫類のワニではなさそうです。

わにと書いて誤解されたり混乱したりしないように、親切にもカッコ書きで、(いらぎ)と記載されていますが、いらぎも初耳なので、白身の魚という以外何もわかりません。

冷凍の魚フライでよく見かける、メルルーサとかメロ並みに、いったいどんな魚なのか見当もつきませんが、そういえば古事記の因幡の白ウサギに、わにが出てきたなあと思いだしました。

島に渡りたかったウサギが、複数のわにをだまして整列させ、わにの背中を踏み台にして海を横断している途中で、だまされたことに気付いたわに達に、生きたまま皮をはがれるというお話で有名ですよね。

出雲と広島は何となく近いし、そのわにだろうということで解決しました。

味は、普通の白身魚でした。

竹筒炊爨

3月1日 晴れ

最近はずっと竹林の整備をしていますが、今日は天気がよかったので、前からやろうと思っていた竹筒炊爨に挑戦しました。

まず、孟宗竹を伐り、節の一つにノコギリとマイナスドライバーで窓を作りました。

その後、米二合と水を入れ、あとは飯盒炊爨の要領で焚いてみましたが、竹は金属に比べて熱伝導率が悪いようで、焚きあがるまでに一時間近くかかりました。

たきあがると米がぎちぎちになって、圧縮したおにぎりのようになりました

しかも、欲張って二合炊いたため、沸騰するまでに時間がたちすぎて、竹が燃え、米が焦げました。

焦げくさかったのでレトルトカレーをかけて食べたところ、カレーの香りが焦げくささを包み込み、普通のカレーライスになりました。

よく小学校のキャンプなどで、カレーを作るのは、飯盒炊爨の米がベチャベチャだろうが、コゲコゲになろうが、なんとか食べられるようにとの知恵だったんですね。

改めてカレーの懐の広さを知りました。

竹細工2

山暮らしのメリットの一つに、飲める水が簡単に手に入るというのがあります。

水道管の凍結や、大雨で水道が断水しても、不便ですが水に困ることがないのは安心です。

家のすぐ下に沢水が湧いているのですが、塩ビ管で取水しています。

家よりも下側なので利用しづらいですが、非常時には役立つ

前々から塩ビ管だと風情がないと思っていたので、竹筒に交換しました。

適当な長さに切った竹の中に、その辺に転がっている異形鉄筋を通して節抜きし、竹筒を作りました。

竹がどれくらい持つのか不明ですが、竹の有効利用ができて良かったです。

焚きつけ用の木片を見つける

2月11日 曇りのち雨

最近納屋の片づけをしていたら、焚きつけ用の木片を見つけました。

どうやら油が染み込んだ木らしく、刺身の皮をあぶる用のバーナーであぶってやると、簡単に火が付きました。

鯛の刺身をあぶる要領で炙る

いままで、焚き火の火をおこすのに、15分ほどかけていたのが、30秒ほどで付くようになりました。

焚き火業界にも時短の波が来ているのを実感しました。

雪の日に中断していた焚き火を再開