旅行17日目:かもめ食堂へ行く

2泊3日のオーロラ観光が終わり、イヴァロ空港から、ヘルシンキ・ヴァンター空港へ向かいました。

イヴァロ空港では、セルフチェックインカウンターがないため、中国人の団体客で非常に混雑していました。
中国人7割、その他3割と言った感じでした。

フィンランドの最果てにもかかわらず、百人近い中国人で出発ロビーが混雑していて衝撃を受けました。
日本がQRコード決済を導入してまで、中国人のインバウンドを狙うのも当然という位、中国人が落とす外貨は大きいようです。

ちなみに、日本人も5~6人いましたが、みんな個人旅行的な感じでした。

ヘルシンキ・ヴァンター空港から電車に乗り、ヘルシンキ市内へ。

地球の歩き方を読むまで知りませんでしたが、ヘルシンキを舞台にした『かもめ食堂』という小説と映画があり、映画を見て予習しました。

劇中、コーヒーにまじないをかけるシーンがあり、実際におまじないをしているのか気になりました。

なので、目的としては、かもめ食堂に行くことです。

ヘルシンキ中央駅前の大通り

ヘルシンキは、フィンランドの首都と聞いていたのですが、あまりの人の少なさに驚きました。

通りに掲げられる国旗

人も少ないし、至る所に国旗を掲揚していたので、変わった国だな~と思っていたら、この日はちょうど独立記念日だったようで、ありとあらゆるお店が閉まっていましたが、なんとか閉まっていた日本料理レストランを開けてもらえました。
中国人が経営する日本料理レストランですが、マジ親切でした。

親子丼。約2400円
かもめ食堂。独立記念日で休業のため外観のみ

この日は夜遅く、ストックホルムのアーランダ空港へ行き、空港泊をしようと思いましたが、アーランダ空港はヘルシンキ・ヴァンター空港と違って、横になれるところが少なく、あまり空港泊に向いていなかったため、おとなしく空港内のホテルを取りました。
強者は、座って寝たり、石の床に寝転んで夜を過ごしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です