旅行19日目:イェーテボリを観光する

この日はヨーロッパに来てから一番の荒天で、小雨が降る中、強風が吹き、傘が使えませんでしたが上下共に撥水素材のアウターだったので特に問題はありませんでした。

風と雨の中、イェーテボリ植物園へ行くと日本庭園っぽい物がありました。

灯籠があると、日本感がすごい
日本と同じようなタラノキ

植物園というよりは、普通に整備された山という感じで、時折すれ違う人はみんな山登りの格好をしていました。

頂上らしき所。見晴らしは良い
カモがいっぱい

植物園という名の山を下り、イェーテボリ自然博物館へ。

予めスマホで入場料を調べたところ、入場無料とのことだったので行ってみることにしました。

大して期待はしていなかったのですが、鳥類の展示に異常なまでの情熱とこだわりが見られる博物館でした。

特に、大型鳥類の巣を再現したコーナーが見応えがあり、二時間ほど見て回りました。

博物館を出ようとしたときに、エントランスで中国人に、チケット売り場はどこにあるのかと聞かれたので、無料だから売り場はないと教えてあげました。

周りに人がいっぱいいるのに、中国人が私に話しかける理由はとてもよく分かります。アジア人が全くいない地域にいるとアジア人を見るだけで、親近感が湧くんですよね~

私が東京で勤めていたころの上司も、ヨーロッパ出張中にバス停で偶然後ろに並んだ人と結婚したと言っていたので、そういうもんなんでしょうね。

イェーテボリからデンマークまでフェリーが出ているので、それに乗ることにしました。

ステナラインのフェリー

チケットは事前にネットで購入し、フェリー乗り場のセルフチェックインカウンターで発券するのが普通のようです。

そんなことは知らなかったので、チケット売り場の窓口で購入したところ、予約手数料として約1500円取られました。
やたら丁寧に対応してくれるなあと感心していたら、しっかりお金を取られていたんですね~
なので、窓口で購入している人は全く皆無でした。

サービスは無料のおもてなしの国日本では考えられないですよね~

3時間の船旅とは言え、国際便なのでパスポートのチェックなどがありました。

片道料金は約2200円ですが、予約手数料が1500円かかったのと、クリスマスビュッフェもつけたので、料金は6000円ほどでした。

クリスマスビュッフェ

クリスマスビュッフェとはいえ、北欧によくある大味のビュッフェでした。
乗船直後に船酔いしたため、写真の一皿を食べるのが限界でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です