旅行12日目:ストックホルムへ行く

2日間の休養ののち、ストックホルムへ行きました。

デンマークのオールボーからストックホルムへの直通便はないので、オールボーから電車でオーフスという街に行き、そこから飛行機でストックホルムへ行きました。

空港で食べたサンドイッチ。1200円くらいするけれど、びっくりするくらいまずい

ストックホルム・アーランダ空港

飛行機に乗ったときは、まだ明るかったのですが、到着したときは16時頃だったので、すでに夕闇でした。

ストックホルム中央駅
ガムラスタンのクリスマスマーケット

夜でもクリスマスマーケットやってるなあと思いましたが、まだ、17時にもなってないんですよね。
暗くなるのが早いです。

観覧車などの遊具はありませんでした。

ところでストックホルムは「魔女の宅急便」(※宅急便は、ヤマト運輸が提供する宅配便サービスの登録商標です。)のロケ地なので、魔女の宅急便を見れば、わざわざストックホルムに行く必要はありません。

ライトアップされたガムラスタンの大聖堂

歩いていると、魔女宅でも登場する時計台のモデルになった大聖堂がありました。手前に建物があり、頂部しか見えませんでしたが。

魔女の宅急便を最後に見たのは中学生の時でしたが、パン屋のおソノさんの夫が全然喋らないのが気になりましたが、実際にストックホルムに来て、理由が分かりました。
劇中では、全員日本語で会話していますが、それはあくまで便宜上のことであって、ホントはスウェーデン語で会話していると考えると、おソノさんの夫は日本人なので、スウェーデン語が喋れないから、喋らないだけなんだと分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です